« やらなくて後悔するより、やって後悔したいので・・・/第8回 【哲学カフェ・宇部】テーマ「震災がれき」を考える | トップページ | 「浦安」の方から、「伊勢」の『赤福餅』をお土産に頂く(笑) »

2012年6月15日 (金)

【スタバ誘致 ほろ苦い結末】 ◆来春の山口市1号店 物流環境整わず断念~から考える。ということは・・・

120615_ph1

昨日(6月14日付)の朝日新聞(山口版)で、「スターバックスコーヒー」の『山口市1号店』出店について、スタバ側が「物流コストを理由を、出店を断念」した、という記事( http://goo.gl/MALRp )。
※ 上の写真は以前利用した、福岡の「春日店」

先日、私のfacebookとブログでも記事にしましたが、スターバックスが出店を予定していた、山口市湯田温泉界隈はこの数年で「外食産業銀座」(ゼンショー街道・笑)と言わんばかりの、出店ラッシュ状態です。(今回出店計画があったのは、山口を代表する地元スーパー「丸久」が核テナントになる「あおいモール(仮)」/山口市葵1丁目再開発地区、山口マツダ・ゴールドジム山口中央など跡地開発)

今回は「物流コストがネック」ということでしたが、裏を返せば、物流哲学では必須の「ドミナント戦略」が構築できれば、出店できるという公算です。

現在、宇部の大学生や若者たちを中心に「Starbucks Coffeeを宇部に呼ぼう!」という運動が始まっています。これは、彼らにとっては「大きな収穫」です。現在、山口県内に出店している、下関~山陽小野田に続き、宇部~山口と続けば、物流コストの面がクリアされ、山口市への出店が現実を帯びると同時に、宇部への出店も実現できるのです。

まぁ、コーヒーチェーンが「出店する、出店しない」というだけで新聞記事になる。いやはや恐るべし「スターバックス」。。。

※ その後、「あおいモール(仮)」は、「アルク葵店」を核店舗とする複合商業施設「プリムールあおい」として、2013年3月7日にオープン。5月には、スターバックスではない大手コーヒーチェーン「タリーズコーヒー」が開店予定。(2013.3.9 追記)

http://www.facebook.com/kitao777
http://twitter.com/kitao777

|

« やらなくて後悔するより、やって後悔したいので・・・/第8回 【哲学カフェ・宇部】テーマ「震災がれき」を考える | トップページ | 「浦安」の方から、「伊勢」の『赤福餅』をお土産に頂く(笑) »

地域活性化・まちづくり・地域づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520581/54965904

この記事へのトラックバック一覧です: 【スタバ誘致 ほろ苦い結末】 ◆来春の山口市1号店 物流環境整わず断念~から考える。ということは・・・:

« やらなくて後悔するより、やって後悔したいので・・・/第8回 【哲学カフェ・宇部】テーマ「震災がれき」を考える | トップページ | 「浦安」の方から、「伊勢」の『赤福餅』をお土産に頂く(笑) »