« 「白いブラックサンダーアイス」に舌鼓を打ちながら、周囲に感謝! | トップページ | さようなら「新山口駅・在来線口駅舎」、51年間有難う! ~7月14日(土)から仮駅舎での供用開始 #yamaguchi_city »

2012年7月11日 (水)

山口も「対岸の火事」ではない。大分の「災害がれき」が宇部に漂着


大分県での豪雨災害で、現地では復旧が急ピッチで進んでいます。

山口県内では昨日、宇部市・久保田市長の「東日本大震災の【震災がれき】受け入れ断念」の報道がクローズアップされ、大分県豪雨での「豪雨災害がれき漂着」に関する報道は、それほど注目されていません。

大雨被害 山口県にも木材などが漂着(大分朝日放送)
http://www.oab.co.jp/news/?id=2012-07-10
大量の木材などが中津から宇部に漂着(大分合同新聞)
http://www.oita-press.co.jp/localNews/2012_134188674137.html

道路標識からサッカーボール、牛の死骸まで、宇部港に漂着しています。
こういう「身近な情報」(足元である日常生活に影響することです)にも目を向けていきましょう。

http://www.facebook.com/kitao777
http://twitter.com/kitao777

|

« 「白いブラックサンダーアイス」に舌鼓を打ちながら、周囲に感謝! | トップページ | さようなら「新山口駅・在来線口駅舎」、51年間有難う! ~7月14日(土)から仮駅舎での供用開始 #yamaguchi_city »

【ほぼ日刊タウン情報やまぐち~コラム】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520581/55171964

この記事へのトラックバック一覧です: 山口も「対岸の火事」ではない。大分の「災害がれき」が宇部に漂着:

« 「白いブラックサンダーアイス」に舌鼓を打ちながら、周囲に感謝! | トップページ | さようなら「新山口駅・在来線口駅舎」、51年間有難う! ~7月14日(土)から仮駅舎での供用開始 #yamaguchi_city »