« 『直向(ひたむき)』に東京へ(笑)/空よ、空よ~ 見上げた数だけ想えば・・・ | トップページ | 『ノーベル賞』の吉報と、『カツオのたたき』が一緒にやって来た( ´ ▽ ` )ノ #prayforjapan »

2012年10月 7日 (日)

ライフヒストリーの社会学 ~大分・佐伯のまち角で

121007_ph3_2

写真は、今日行って来ました「JR佐伯駅」(大分県佐伯市)にある、漫画家「富永一朗」さんのイラストによる、「佐伯市観光案内」ダイジェストです。

まぁ、長寿バラエティ番組『お笑いマンガ道場』を知っている人にはお馴染みでしょうが、私の中では、郷土の漫画家として、当時の九州郵政局「ふるさと切手」第1号の原画(高崎山の猿・大分県)提供などをされた、立派な漫画家です。

さて、人生様々な節目の中で、「温故知新」の場面やタイミングが必ずあります。

私はこの「温故知新」を、感性の観点でも大切にしています。そう、「ライフヒストリーの社会学」という観点で。

「時の河」というのは、永久に続いていきますが、人生においては、必ず終着点があります。その終着に至るまでの「ライフヒストリー」は、人それぞれの歩み方があります。その歩み方に「温故知新」することで、「新しい扉を開くヒント」が数多く隠されているのです。

http://www.facebook.com/kitao777
http://twitter.com/kitao777

|

« 『直向(ひたむき)』に東京へ(笑)/空よ、空よ~ 見上げた数だけ想えば・・・ | トップページ | 『ノーベル賞』の吉報と、『カツオのたたき』が一緒にやって来た( ´ ▽ ` )ノ #prayforjapan »

【ほぼ日刊タウン情報やまぐち~コラム】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520581/55839178

この記事へのトラックバック一覧です: ライフヒストリーの社会学 ~大分・佐伯のまち角で:

« 『直向(ひたむき)』に東京へ(笑)/空よ、空よ~ 見上げた数だけ想えば・・・ | トップページ | 『ノーベル賞』の吉報と、『カツオのたたき』が一緒にやって来た( ´ ▽ ` )ノ #prayforjapan »