« バブル絶頂期にありながら、直接的な恩恵を受けることが無かった世代でしたが。。。 | トップページ | 日本五大稲荷【太皷谷稲成神社】で、2013年事業発展を祈願! »

2013年1月 3日 (木)

正月三が日最終日の夜、情報は連続した【積み重ね】(アナログ)が大切であることを実感する。

正月三が日最終日の夜、会社に戻りました。

嬉しいことがありました。それは「年賀状」。
去年より増えていました。

「そりゃ当然だろ」という声が上がりそうですが、一年前に「リセット」をした状況から考えれば、予想以上の枚数でした。

何よりも嬉しかったのが、最近遣り取りが途切れていた旧友や後輩からの「風の便りによると、社長さんになられたそうで…」というような、幾つかの文言。

差出人へは、別にFacebookなどのソーシャルメディアの繋がりではなく、アナログ伝い(人と人との繋がり)で、私の近況が伝わったようですが、日頃の情報発信(ソーシャルメディアなど)が「便り」の発信源になっていることを考えると、情報は連続した【積み重ね】(デジタルでも手法はアナログ)が大切だなぁ、と実感します。

今年も「小さな感動」、「小さな幸せ」、「小さな気付き」を大切にしていきます。

ご縁に感謝!( ´ ▽ ` )ノ

そんな夜は、「悲しみは雪のように」(浜田省吾)を聴いています。

http://www.facebook.com/kitao777
http://twitter.com/kitao777

|

« バブル絶頂期にありながら、直接的な恩恵を受けることが無かった世代でしたが。。。 | トップページ | 日本五大稲荷【太皷谷稲成神社】で、2013年事業発展を祈願! »

【ほぼ日刊タウン情報やまぐち~コラム】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520581/56463074

この記事へのトラックバック一覧です: 正月三が日最終日の夜、情報は連続した【積み重ね】(アナログ)が大切であることを実感する。:

« バブル絶頂期にありながら、直接的な恩恵を受けることが無かった世代でしたが。。。 | トップページ | 日本五大稲荷【太皷谷稲成神社】で、2013年事業発展を祈願! »