« 株主総会と生き方 | トップページ | 毎年恒例の新年一筆啓上!(2014年元旦) »

2013年12月31日 (火)

大晦日、今年最後の映画は『永遠の0』 ~物語を続けていくということ

131231_ph1

大晦日、今年最後の映画は『永遠の0』。

昨日訪れた、人間魚雷「回天」の大津島からの、自然な流れです。

私たち日本人のDNAには、先の大戦の経験が刻まれています。
名付け親の伯父は、学徒出陣のシベリア抑留経験者。

伯父の凄まじい経験に比べれば、私は本当に恵まれています。
「覚悟を決める余裕」があるのだから。

この映画で最も印象的だったのは、この作品が遺作となった、夏八木勲さん(大石賢一郎役)のセリフ。

「あの戦争で亡くなった人たちの死を無駄にしないように、
生き残った私たちは、物語を続けていかなくてはいけない」。

http://www.facebook.com/kitao777
http://twitter.com/kitao777

|

« 株主総会と生き方 | トップページ | 毎年恒例の新年一筆啓上!(2014年元旦) »

【ほぼ日刊タウン情報やまぐち~コラム】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520581/58870769

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日、今年最後の映画は『永遠の0』 ~物語を続けていくということ:

« 株主総会と生き方 | トップページ | 毎年恒例の新年一筆啓上!(2014年元旦) »