« 訃報・梶井英一さん急逝 | トップページ | いつの時代も、正規軍を破るのは奇兵だ »

2014年5月14日 (水)

死ぬ2時間前まで、夢を語っていたい。 ~梶井 英一さんを悼んで

140514_ph2

梶井さんの通夜、葬儀・告別式、無事に終わりました。
生前、梶井さんは、こう残しています。

『年を取り、本当にボケるまで待ちますか? 私は絶対、嫌です。死ぬ2時間前まで、夢を語っていたいですから』(梶井英一著『山口・学生道』p180)

まさに、この言葉通り、梶井さんは旅立っていきました。

梶井さんは、私たちに『志』を遺してくれました。
亡くなったから止めよう、ではなく、亡くなかったからこそ続けよう。

法名は「釋至誠」(しゃくしじょう)。そうです、梶井さんが最も尊敬していた、吉田松陰先生の教え『至誠にして動かざる者は未だこれ有らざるなり』(誠意と志をもって事にあたれば、動かない人はいない)から。

著書で「私は3回死にかけた」とありますが、4回目は無かったですね。いや、4回目は「新たな道」です。遺志が、道となります。
だから梶井さん、安心してください。あなたの遺志を継ぐ「同志」は、沢山います。

これまで私は、梶井さんの「やり方」に文句を言ったり、色々と注文を付けたり、意見したり、時には怒ったりもしました。
でも、「あり方」(志)は、同じでした。

もう一度言います。

梶井さんは、私たちに『志』を遺してくれました。
亡くなったから止めよう、ではなく、亡くなかったからこそ続けよう。

梶井さん、安らかに。

合掌

北尾 洋二

株式会社ザメディアジョン・リージョナル 代表取締役
日本ベンチャー大学・山口校(新山口キャンパス、宇部キャンパス) 事務局長

(写真は、私が一番好きな、梶井さんの素顔です。昨年の2013年4月27日、日本ベンチャー大学・山口校 第1期第1講、梶井校長講義の際に撮影。梶井さんの優しさと逞しさ、両方が伝わる写真です)

http://www.facebook.com/kitao777
http://twitter.com/kitao777

|

« 訃報・梶井英一さん急逝 | トップページ | いつの時代も、正規軍を破るのは奇兵だ »

【ほぼ日刊タウン情報やまぐち~コラム】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520581/59647728

この記事へのトラックバック一覧です: 死ぬ2時間前まで、夢を語っていたい。 ~梶井 英一さんを悼んで:

« 訃報・梶井英一さん急逝 | トップページ | いつの時代も、正規軍を破るのは奇兵だ »