« 死ぬ2時間前まで、夢を語っていたい。 ~梶井 英一さんを悼んで | トップページ | 至誠にして動かざる者は未だ之れ有らざる也 ~二十一回猛子(吉田松陰) »

2014年5月15日 (木)

いつの時代も、正規軍を破るのは奇兵だ

多分状況的には、下関戦争(馬関戦争)の様に、列強にフルボッコされる直前なんだろうけど、こんな状況だからこそ、『奇兵隊』が生まれる。

そして、孫子の兵法「兵は正をもって合い、奇をもって勝つ」という教えを持ってすれば、それはさらに現実味を帯びてくる。

「私は奇兵隊だ!」とか言っている連中に限って、「正規軍」として利権に群がっていたりする。

強かに、強かに、強かに。
私たちは常に、『偶然を必然に変える準備』をしておかねばならない。

人生の出来事(物語)には、すべて「意味」がある。過去に蓋をして、逃げてはいけない。今起きていることは、すべて自らに必要なんだ。

|

« 死ぬ2時間前まで、夢を語っていたい。 ~梶井 英一さんを悼んで | トップページ | 至誠にして動かざる者は未だ之れ有らざる也 ~二十一回猛子(吉田松陰) »

【ほぼ日刊タウン情報やまぐち~コラム】」カテゴリの記事

地域活性化・まちづくり・地域づくり」カテゴリの記事

就職活動(就活)・新卒採用・人事労務」カテゴリの記事

日本ベンチャー大学」カテゴリの記事

社員研修・人事労務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520581/59648663

この記事へのトラックバック一覧です: いつの時代も、正規軍を破るのは奇兵だ:

« 死ぬ2時間前まで、夢を語っていたい。 ~梶井 英一さんを悼んで | トップページ | 至誠にして動かざる者は未だ之れ有らざる也 ~二十一回猛子(吉田松陰) »