« お金と時間 | トップページ | 成功と失敗。 »

2014年7月21日 (月)

無手勝流 ~電子立国 日本の自叙伝

この番組(NHKスペシャル「電子立国 日本の自叙伝」)に出会うことがなかったら、今の人生とは違う姿の人生を歩んでいたかもしれない、というぐらい、影響を受けたドキュメンタリーシリーズ。

第一回放送のエンディングで、三宅民夫アナウンサー(ちなみに、大ファン・笑)が、『敗戦で産業が壊滅し、電球すら満足に生産できない日本。それでも技術者たちは、【無手勝流】で、アメリカを追い掛け始める』。

当時、中学生だった私は、このナレーションから、『無手勝流』という言葉を知った。

無手勝流とは、「戦わずして勝つ」(戦わずに勝つこと。力によらず策によって勝つこと)という、剣豪の塚原卜伝が遺した故事から。

あらためて見返すと、面白いドキュメンタリーだなぁ(特に、相田洋ディレクターと三宅アナウンサーとの掛け合い)と感じつつ、明日からのヒントも幾つかあった、今日この頃。

ちなみに電子産業としては、現在の日本は、当時(1990年代前半)のアメリカの立場になり、韓国・台湾・中国勢に押される状況。さぁ、再び『無手勝流』の到来か。

http://www.facebook.com/kitao777
http://twitter.com/kitao777

|

« お金と時間 | トップページ | 成功と失敗。 »

【ほぼ日刊タウン情報やまぐち~コラム】」カテゴリの記事

至誠一貫 知行合一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520581/60022513

この記事へのトラックバック一覧です: 無手勝流 ~電子立国 日本の自叙伝:

« お金と時間 | トップページ | 成功と失敗。 »